相対取引, あいたいとりひき

市場を介さずに売買の当事者同士で売買を行う方法のこと。

基本的に、非上場株式の売買は売り手と買い手が直接会話をし売買を成立させる相対取引である。
また、通常の上場株式は市場を介して売買行うため相対取引ではないが、上場株式であっても市場を介さず売り手と買い手が直接売買を行う相対取引の手法がいくつか存在する。

【関連リンク】
未上場だけじゃない。上場株式の相対取引、その3つの手法

Pocket

,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です