anti-dilution provision, アンチ・ダイリューション・プロビジョン

■ 和訳: 希薄化防止条項

既存株主の将来の希薄化を防ぐための条項。

ダウンラウンドが起きた際に、既存株主がもつ優先株式の価値を一定に維持するために制定される。
投資家にとって有利な順に、フルラチェット方式>ナローベース加重平均方式>ブロードベース加重平均方式という方式で定義されるが、フルラチェットが規程されるケースは非常にまれである。

【参考リンク】
転換請求権 (2/2)

Pocket

, ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です