大会社, だいがいしゃ

日本の会社法上、資本金5億円以上 or 負債200億円以上の株式会社のこと。
(判断時点は、前の年の最終日。3月決算だったら3/31時点。)

大会社になるメリットはあまりなく、お金がかかることが増える。
1.会計監査人の設置義務が発生。
⇒会計事務所に監査をしてもらう必要があり、監査費用が年間数百万ほどかかるし、監査対応の手間も増えるので想像以上に面倒。
2.5億にいかなくとも、資本金が1億円を超えると(準備金は含まず)、外形標準課税の対象になって、税金が増える

こじんまりとやっていくなら資本金は多くても1億円”以下”に抑えておくほうが(少なくとも金銭的には)無難である。
※「一億円ちょうど」は外形標準課税の対象外。

【TOPICS】
ちなみに、合同会社にはこういう大会社という概念がないので、そのあたりの自由度は合同会社のメリットの一つ、と言われる。

【参考リンク】
http://www.uehara-kaikei.jp/column/?p=417

Pocket

, ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です