goodwill, グッドウィル

会計の科目の一つで、M&Aにおいて、買収される企業の時価純資産と買収価格との差額を指す。
日本語では、「のれん」もしくは「営業権」という。

通常は買収価格のほうが高くなり、買収する側の会社のBSに資産計上される。

まだ小さいスタートアップの場合は他社を買ったりしないので、あまり計上されていることはないが、買収した側の会社にとっては奥の深いテーマである。

【関連リンク】
PPA, ピー・ピー・エー

Pocket

,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です