IRR, アイ・アール・アール

■ 正式: internal rate of return, インターナル・レイト・オブ・リターン
■ 和訳: 内部収益率, ないぶしゅうえきりつ

投資の平均的利回りのこと。

現在価値に割り引いた将来キャッシュフローの合計が初期投資額に一致する利回り、すなわち、NPVがゼロとなるための(平均的な)割引率のことを指す。

例えば、100万円の初期投資に対し、毎年3万円の利子と最終年に元本回収が得られる投資の利回りは、一定で3%である。この場合、平均利回り=IRRも3%となる。(以下のような例)

  • 初期投資: ▲100万円
  • 1年目: +3万円
  • 2年目: +3万円
  • 3年目: +3万円
  • 4年目: +103万円

一方、通常の事業投資は将来のキャッシュフローが一定でないため、上の例のように利回りは一定にならない。そのような一定でない利回りを平均したらいくつになるのか、と計算したのがIRRである。

逆に言えば、算出されたIRRで各年のキャッシュフローを割引いて合計すると、初期投資額と同額になる。

例えば、以下の投資のIRRをエクセルで計算すると3.99%になり、各年のキャッシュフローを3.99%で割引くと合計は100になる、という具合である。

  • 初期投資: ▲100万円
  • 1年目: +5万円    >>> 5万円 ÷ (1+3.99%)^1 = 4.8
  • 2年目: +2万円    >>> 2万円 ÷ (1+3.99%)^2 = 1.8
  • 3年目: +4万円    >>> 4万円 ÷ (1+3.99%)^3 = 3.6
  • 4年目: +105万円    >>> 105万円 ÷ (1+3.99%)^4 = 89.8

求められたIRR(が真実だとして)と、資金調達にかかる利率(≒資本コストという)を比較して、IRRが上回る場合はその投資を行うべき、と判断するのがIRRを用いた投資判断である。

【参考リンク】
http://www.nsspirit-cashf.com/inv_st/irr.html

Pocket

, ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です