lock-up period, ロック・アップ・ピリオド

株式の売買ができない期間を指す。

ベンチャーキャピタル等の既存投資家は、IPO後の一定期間当該上場株式の売買を禁止される旨の契約を結ぶ(結ばされる)ことがある。

既存投資家にとってロックアップに応じることは義務ではないが、応じることが日本では半ば慣習になっている。期間は90日とか120日などが設定されるが、期間中でも公募価格の1.5倍を超えたら売買可能、などの例外事項が設けられることもよくある。

なお、個別の契約とは別に、取引所の「公開前規制」により、上場前一年以内の第三者割当による株主は、「上場後6ヵ月」か「払込みから1年」の間、継続保有が義務付けられている。俗にこれを「制度ロックアップ」という。

【関連リンク】
公開前規制, こうかいまえきせい

Pocket

, ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です