non-participating preferred stock, ノンパーティシペイティング・プリファード・ストック

■ 和訳: 非参加型優先株式, ひさんかがたゆうせんかぶしき

剰余金の配当や残余財産の分配において、優先株主に優先的な分配をおこなうが、残りは普通株主で分配され優先株主には分配されない方式の優先株式のこと。
この場合、優先株主よりも普通株主への分配が多くなることも起こりうる。優先株主は、優先分配を選ぶか、もしくは優先株式を普通株式に転換したうえで通常の配分を受けるかを選択することになる。

例)500万ドルの投資で会社の40%のシェアを有する優先株が、1x優先分配権の場合。(1xは1倍のこと)

  • 会社が1,500万ドルで売却されるとする
  • 優先株主は、1xの分配、すなわち、500万ドルを受領
    (優先株主に、残額の分配を受領する権利はない)

この場合、優先株を普通株に転換すると、1,500万ドルの40%、すなわち、600万ドルを受領できるため、優先権を行使するよりも普通株式に転換するという選択をすることになる。

【参考リンク】
participating preferred stock, パーティシペイティング・プリファード・ストック

Pocket

, , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です