PPM, ピー・ピー・エム

■ 正式: Private Placement Memorandum, プライベート・プレイスメント・メモランダム

ファンドが投資家を募る際の目論見書(もくろみしょ)のことで、投資の概要を記載したドキュメント。
“Offering Memorandum”,”Information Memorandum”ともいう。

そこそこちゃんとしたVCであれば用意しているケースが多く、概要書とかいいながらPPM自体が100ページ200ページあって、本番の契約書とあまり変わらないのでは?と思われるケースも多々ある。

日本語では、企業がIPOする際のドキュメントも目論見書というが、USでのそれは”Form S-1″という。
また、”Product Portfolio Management”の略称も”PPM”であり、ビジネス上の会話ではそちらが登場することもあながちなくはない。

【関連リンク】
Form S-1, フォーム・エスワン

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です