ストラテジックというからには。Side-letterで獲得しておきたい5つのRights 【VB投資編】

file7761265052414金は出さないが口は出す。そんなストラテジックインベスターにとってフィナンシャルリターンは二の次。少ない出資で情報を得たい、という下心もあり、契約で握りたい内容も自ずとその他のインベスターと異なってくるものです。

そんなときに便利なside letter。本契約に抵触しない内容であれば、対象会社と個別の条件を握っておくことが可能です。

そこで今回は、ストラテジックインベスターならではの、VB投資においてside letterで握っておきたい権利についてお話していきたいと思います。

VB投資でストラテジックインベスターが獲得したい5つのRights

■1: Financial Reportの取得
対象会社の財務レポートを取得、これは基本中の基本ですね。
気が付いたらお金がなくなって倒産寸前!なんてことがないように、少なくとも4半期に一度はファイナンシャルな状況を確認しておきたいところです。

■2: KPI情報の取得
何がKPIなのかはその会社によってさまざまですが、なにか光るものがあるから投資をするはず。
その会社がイケてるポイントはどこなのか、成長のドライバーを共有してもらいましょう。

■3: 定期Meetingの実施
レポートをもらっているだけではやはり物足りない。対象会社の事業の状況やマーケット環境、共同事業の可能性などについて、対面でディスカッションする機会を4半期に一回ぐらいはもちたいところ。

■4: 共同事業の検討
投資の目的が単なる情報取得なのか、踏み込んだ事業提携なのかにもよりますが、もし将来的に一緒になにかをやりたいと思っているなら、入れておいても損はないのではないでしょうか。

■5: 競合との協業禁止
事業連携を視野に投資したのに、自社の競合とJVを作られた!なんてビックリしちゃいますよね。
少額投資だと相手に飲んでもらうのは難しいかもしれませんが、なにかやるなら自分たちとやってほしいもの。取れるものならとっておきたいところです。

おわりに

いかがでしたか?将来の買い上がりや、ボード権の獲得などは本体契約に織り込めばいいかもしれません。一方でこのような個別契約は、別途サイドレターでにぎっておくと、投資目的の達成に役立つかもしれませんね。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です