63条

金商法第63条のこと。

日本においては、金商法63条に定める、「適格機関投資家等特例業務」の届出者となることでファンドの運用が行えるようになり、日本のVCは99%この制度に基づいてファンド運用を行っている。

本来の金商法上は、ファンドビジネスを行うには金融商品取引業者としての登録が必要とされており、それは非常にハードルが高いこととなる。一定の条件を満たすことによりこの届出のみでビジネスが可能となるため、通常日本のVCはこの制度に基づいてファンドを運用するのである。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です